Skip Ribbon Commands
Skip to main content
Sign In
世界規模のビジネス
印刷
 |
歴史
 

ラサールの歴史は、19世紀にまで遡りますが、機関投資家向けファンドマネージャーとしての活動を開始したのは1970年代のことです。1999年にジョーンズ ラング ウートンとラサール パートナーズの合併により、ジョーンズ ラング ラサールとして誕生し、両社のファンドマネジメント部門を合併し、ラサール インベストメント マネージメントが設立されました。 

当社のこれまでの歩みを簡単に紹介します。

 

1978 ラサールアドバイザーズ、シカゴで事業開始
1980 最初のコミングルファンドを組成:ラサール ストリートファンド
1982-1985 3つのコミングルファンドを追加組成
1986 最初のセパレートアカウントの運用委託獲得
1987 ジョーンズ ラング ウートン ファンド マネジメント、ロンドンで事業開始
1988 運用資産が50億ドル突破
1991 個別アカウントのマンデート総数が13件に
1995 Alex Brown Klein wort Bensonを買収
1996 ヨーロッパ大陸(パリ)で事業開始
1997 英国でCINproperty Managementを買収
1999 ジョーンズ ラング ウートンとの合併完了
2000 アジア最初のオフィスをシンガポールに設立
2001-2006 東京、ソウル、香港、中国に進出
2003 カナダに進出
2005 メキシコに進出
2008 不動産投資戦略(Investment Strategy Annual)第15版を発行
投資予定総額100-120億ドルとラサール最大のファンド LaSalle Asia Opportunity Fund III 組成
2009 ユーロマネー誌の、1)グローバル・ベスト・インベストメント・マネージャー、2)不動産直接投資部門グローバル・ベスト・インベストメント・マネージャー、3)不動産間接投資部門グローバル・ベスト・インベストメント・マネージャー受賞
2010 ユーロマネー誌のグローバル・ベスト・インベストメント・マネージャー賞、アジア・ベスト・インベストメント・マネージャー賞受賞